淡路島のおいしい食材

淡路島牛乳

風味に自信 淡路島牛乳

淡路島牛乳は、製品の品質に万全を期すための近代設備を完備し、新鮮さが自慢の牛乳を全国に送り届けています。このため、工場内をいつも清潔にし、デリケートな乳牛に対して最善の注意を払っています。
淡路島にホルスタイン種が導入されたのは、明治33年と歴史があるものの、体格が大きく、飼養管理が難しいことや農耕に適していないという理由で、すぐには定着しませんでした。その後、大正8年に第一次大戦の影響を受けて日本経済が好転したこともあり、酪農が順調に普及し、生産者の組織づくりが進むとともに、乳牛の改良に目が向けられ、次第にホルスタイン種が増えてきました。特に、ネスレ日本株式会社や国産の練乳会社が淡路島に作られたことが、農家の生産意欲を高めました。また、淡路島では水田と野菜を組み合わせた複合農業が行われており、土づくりのためには牛を飼育することが必須条件となっています。複合農業として行われていた酪農は、今では日本に誇る牛乳に飛躍し、淡路島は西日本有数の酪農産地となっています。

オススメの時期

通年

主なお問い合わせ先

淡路島牛乳株式会社 TEL.0799-42-5011